お家ポイント

我が家は
1995年1月に建てられた木造一戸建てを購入しました。
 契約時:2014年11月、築19年10カ月の時点
 引渡時:2015年03月、築20年02カ月の時点です。

築20年ってとこ結構ポイント

私は何の知識もないまま
5日で契約したので反省もあり(笑)強運ラッキーもある(^^)
ラッキーさておき反省をふまえ
家選びから住み始めるまで
知っといた方がいいよと思う事を記しておきます。

築20年中古一戸建て
契約前に知っておきたい7項目

  ⓪築20年のメリットとデメリット デメリット対策
  ①瑕疵担保責任   
  ②耐震基準適合証明書(住宅ローン控除)
  ③中古住宅診断またはプロの掃除屋さん
  ④火災保険(自然災害補償)
  ⑤家のお祓い(家祓い)
  ⑥建築法改正・耐震基準 

私が経験してわかった事や、検索して知った情報となります。
実際には違う事もあるので参考程度にして下さい。(*^^*)


この記事は
⓪築20年のメリットとデメリット デメリット対策
について記しておきます。

築20年中古木造一戸建て メリットとデメリット

ぽいんとピンク右

築20年~中古木造一戸建てのメリット

  ・安い(住宅の価値はほとんどなく土地の値段とか)
  ・リフォーム&リノベーションで好みにできる

築20年~中古木造一戸建てのデメリット

  ・住宅ローン控除が受けられない可能性あり
   (木造の場合は築20年以上は耐震基準適合証明が必要)
   (この耐震基準適合証明書がちょい大変)
  ・耐震性が心配(耐震基準)
  ・老朽化(リフォーム代と予定外の修繕)

我が家の優先順位は
住む場所予算間取りだったので
住宅ローン控除や耐震性や老朽化なんて考えもしませんでした。
知識ゼロ😅

なので
住宅ローン控除もダメだったし、耐震性も未だ不安のまま😅

当時はサラ~と流してしまったけど
ちゃんと無って書いてある😅

耐震関係は無だったけど
瑕疵担保責任があったのと、
火災保険が自然災害の損害も補償されるタイプだったので、
欠陥箇所は実質無料でなおせてます。

デメリット 住宅ローン控除・耐震性・老朽化について

デメリットとしてあげた
住宅ローン控除と耐震性と老朽化について
簡単に言うと

築20年~中古木造一戸建て
住宅ローン控除を受けるには
  タイミングと手間とお金がかかるのでちょっと大変なんです。
 (我が家は無理でした。)

  ・まず住宅ローン控除を受けられる条件もあります。
  ・更に耐震基準適合証明書がなくてはなりません。
  
  この耐震基準適合証明書ですが
  最初からついていればよいのですが
  無い場合は
  引渡し前に、耐震診断をして、耐震基準適合証明の仮申請をだし
  引渡し後に、耐震工事をしなくてはならず。

  耐震基準適合証明書のほか
  住宅性能評価書・既存住宅売買かし保険でもよいですが
  いずれも引渡し前に、取得か仮申請をしてならず。

  引渡し前っていうのもタイミングが難しいし
  耐震診断と耐震工事で150万~200万円もかかると言われているので
  タイミングと手間とお金がかかりちょっと大変ってわけです😅

耐震性(耐震基準)に関しては
  耐震診断も耐震工事もして
  耐震基準適合証明書があれば心配ないですが、無い可能性が高いかと😅
老朽化に関しても
  リフォームの必要がありお金がかかってしまう事がデメリットです。😅

デメリット対策

まず契約前に不動産屋さんに聞いておきたい事は…………

築20年~の中古木造一戸建てのデメリットとなる
住宅ローン控除、耐震性、老朽化の問題を少なくするために
不動産屋さんに効いて確認したい事は

  ①瑕疵担保責任があるか?あれば内容も。
   ※ない場合は
    雨漏り・水漏れ・白アリ
    主要木部の腐食・給排水管の故障などについて聞く。

  ②耐震基準適合証明があるか?を確認して下さい。
   または住宅性能評価書
   または既存住宅売買かし保険でもOK
   ※確定申告で住宅ローン控除を
    申請できる条件が
    揃っているか?と聞いてもよいと思います。
  また
  ③中古住宅診断はしているか?
  ④耐震診断・耐震工事はしているか?
   ※ない場合は
    雨漏り・水漏れ・白アリ
    主要木部の腐食・給排水管の故障などについて聞く。

自分でできる事は…………

不動産屋さんに聞いて『無い』と言われたら

  契約前の段階なので実行するのは難しいですが
  中古住宅診断(耐震診断も)をする。

  住宅ローン控除を受けたかったら
  耐震耐震基準適合証明の仮申請する。
  入居後に耐震工事をすれば、確定申告で住宅ローン控除の申請ができます。 

  火災保険に関しては
  自然災害の損害を補償してくれるタイプのものに入りましょう。

最初に記している

【築20年中古一戸建て契約前に知っておきたい7項】っていうのは
【築20年中古木造一戸建てのデメリット対策】であったりもするので
以下の7項目一度目を通してくれると嬉しいです。

  ⓪築20年のメリットとデメリット デメリット対策
  ①瑕疵担保責任   
  ②耐震基準適合証明書(住宅ローン控除)
  ③中古住宅診断またはプロの掃除屋さん
  ④火災保険(自然災害補償)
  ⑤家のお祓い(家祓い)
  ⑥建築法改正・耐震基準 

瑕疵担保責任があるといいな。
耐震性がいいといいな。
耐震基準適合証明書があるといいな。
中古住宅診断してるといいな。