お家ポイント

我が家は
1995年1月に建てられた木造一戸建てを購入しました。
 契約時:2014年11月、築19年10カ月の時点
 引渡時:2015年03月、築20年02カ月の時点です。

築20年ってとこ結構ポイント

私は何の知識もないまま
5日で契約したので反省もあり(笑)強運ラッキーもある(^^)
ラッキーさておき反省をふまえ
家選びから住み始めるまで
知っといた方がいいよと思う事を記しておきます。

築20年中古一戸建て
契約前に知っておきたい7項目

  ⓪築20年のメリットとデメリット デメリット対策
  ①瑕疵担保責任   
  ②耐震基準適合証明書(住宅ローン控除)
  ③中古住宅診断またはプロの掃除屋さん
  ④火災保険(自然災害補償)
  ⑤家のお祓い(家祓い)
  ⑥建築法改正・耐震基準 

私が経験してわかった事や、検索して知った情報となります。
実際には違う事もあるので参考程度にして下さい。(*^^*)


この記事は
③中古住宅診断またはプロの掃除屋さん
について記しておきます。

中古住宅診断(ホームインスペクション)またはプロの掃除屋さんに依頼

ぴかぴかちゃん

結論から書くと
一番いいのは、契約前に、中古住宅診断する事です。
契約前が無理なら、引渡し後すぐに中古住宅診断を。

中古住宅診断が高くて無理な方は
引渡し後すぐに、プロの掃除屋さんを頼んで
雨漏りや水漏れ、白アリなど確認したほうがいいです。

中古住宅診断(ホームインスペクション)とは…

中古物件は

老朽化による不具合や欠陥がでやすくなってますが
それを知らずに購入しては悲しすぎます。

想定外の出費がない様また手遅れにならない様
安心して住む為にも
中古住宅診断(ホームインスペクション)するとよいです。

ぽいんとピンク右

中古住宅診断(ホームインスペクション)とは

  簡単に言うと
  中古住宅の身体検査(家診断)
 
  第三者の一級建築士さんが
  住宅の劣化や欠陥の有無や
  改修すべき箇所の
  時期や費用を教えてくれるものです。

  中古住宅診断(ホームインスペクション)の
  費用は10万円前後かかると聞きます。

  ※住宅診断に10万もかけられないって方は
   このブログ記事の最後の方【プロの掃除屋さん】を読んで下さいな。(^^)

中古住宅診断(ホームインスペクション)をした方が理由は?

  費用が10万前後もかかるのに
  中古住宅診断(ホームインスペクション)をした方がいいのは

欠陥が見つかれば
  
  ・値引き交渉をはじめ  
  ・瑕疵担保責任の範囲で修繕してもらったり
    (但し瑕疵担保期間内)
  ・今後ご自分でのリフォーム目安にもなります。

又いつ不具合が出るのか?と不安でいるより、安心して生活もできるので。

なので
  仮に10万円前後かかっても
  中古住宅診断(ホームインスペクション)した方がいいのです。

プラス耐震診断・耐震工事するメリット

  中古住宅診断をする際
  プラス耐震診断もしておくとよいです。
   (一般的に中古住宅診断に耐震診断は含まれなないので、中古住宅診断プラス耐震診断)

引渡し前に

  耐震診断をしておいて
  耐震住宅基準証明書の仮申請をしておいて
  (引渡し前なので仮申請までしかできない)

引き渡し後に

  仮申請しておけば引渡し後に
  必要に応じて耐震工事をすれば
  耐震住宅基準証明書を取得できます。

耐震住宅基準証明書があれば

  築20年以上の中古一戸建て物件でも
  確定申告で、住宅ローン控除受けられるからです。

住宅ローン控除が受けられれば

  条件は様々ですが簡単にいうと
  年末ローン残高の1%が控除されるのでお得

但し、
  
  築20年以上の物件

  引渡し前に
  耐震診断して、耐震住宅基準証明の仮申請をしていても

  引渡し後に
  必要に応じて行う耐震工事は
  150万~200万位かかってしまうようなので

  その金額が払えない方は、
  プラス耐震診断も
  仮申請も必要もなく
  住宅ローン控除も諦めるしかありません。

中古住宅診断(ホームインスペクション)するタイミングは?

ちょっと話がダブりますが

中古住宅診断(ホームインスペクション)は
契約前が理想

  瑕疵担保責任のない物件なら
  契約前にするべき
  購入しなくてもよいし
  値下げ交渉もできるので
   (ただ自分の持ち物でないので難しい)

せめて引渡し後すぐに。

  瑕疵担保責任のある物件なら
  引渡し後すぐに中古住宅診断して
  欠陥がみつかれば
  瑕疵責任で売り主に修繕してもらえる確率も高いので。
   (瑕疵担保責任の内容と期限によるので要チェック)  

中古住宅診断は高くて無理な方はプロの掃除屋さんを依頼するとよいです。


ぽいんとピンク右

ここで言うプロの掃除屋さんとは
結論から書くと

 ・給水、排水管掃除の依頼
 ・白アリ駆除の無料見積もり
 ・屋根の雨漏りやペンキ塗りの無料見積り
 ・リフォーム会社の無料見積りなど

床下や屋根裏や屋根上で
作業するプロという意味です。

掃除屋見積もりをとってもらいながら
雨漏りや水漏れ、白アリもチェックしてもらうのです。

掃除はお金かかりますが、クーポンサイトにあれば破格だし
見積もりは無料のとこ多いので(^^♪

我が家はプロの掃除屋さんに【雨漏り・水漏れ・白アリ】チェックして頂きました。

私は(我が家は)
家を探し始めて5日後には契約してました。
中古住宅診断(ホームインスペクション)どころか
このブログで紹介している注意点を、自分の時には何一つ知らず^^;

たまたま引渡し後に
安いクーポンサイトで見つけた給水管の掃除をお願いしてました。
その給水管の掃除の方が
住むのに支障をきたす大きな欠陥を発覚してくれたんです。
(これは強運)

発覚した時の実際の写真

その住むのに支障をきたす大きな欠陥は

お風呂下の水漏れと木の腐食と雨漏りで、
100万円相当の修繕費がかかるものでしたが

瑕疵担保責任でもあったので
我が家の負担ではなく、売り主さん負担でできました。
瑕疵担保責任の詳細記事はこちらです。

給水管の掃除をしてなかったら
床下の水漏れを発見できなかったと思うとゾッとしながら
給水管掃除の方に感謝のみです。

この給水管の掃除の方
水漏れと雨漏れが発覚してくれたので

改めて
瑕疵担保責任となる
   ①雨漏り・水漏れ
   ②白アリ
   ③主部分の木の腐食
   ④給排水管

欠陥の有無を検査してもらいました。
専門ではないので
屋根裏と床下の件さだけとなりますが

 ・屋根裏 雨漏りなし
      木の腐食なし
      白アリなし
 ・床下  お風呂下以外の水漏れなし
      木の腐食なし
      白アリなし
 ・和室  窓枠柱に雨漏り発覚

和室の雨漏りも発覚したけど
直してもらえるのでこれでひとまずOK安心となりました。

また1年後

床下の白アリが気になったので
白アリ駆除の会社に無料見積もりをお願いしたところ
床下のもぐってくれるので
白アリがいないとわかりましたし
新たな水漏れもない事がわかりました。

ぽいんとピンク右

このような実体験から
中古住宅診断(ホームインスペクション)は高くて無理という方は

【プロの掃除屋さん】
床下や屋根裏や屋根上で
作業するプロの掃除屋さんにお願いするのがよいと思います。

 ・給水管掃除
 ・白アリ駆除の無料見積もり
 ・屋根の雨漏りやペンキ塗りの無料見積り
 ・リフォーム会社の無料見積りなど

そうすることで
床下の水漏れや白アリ
屋根裏の雨漏りや白アリなど

住むのに支障をきたす大きな欠陥を
(瑕疵担保責任の範囲内の欠陥)
発見する事ができる事もあるので。

プロの掃除屋さんに来てもらうのは
引渡し前は難しいので
引渡し後または引越し後、すぐ!です。