洗面所 リォーム&リノベーション

洗面台 リクシル(LIXIL)MVシリーズ

洗面台をリフォームしたのは2018年1月の事。
(築20年中古で購入して3年目の時)

築23年たってるので古いけど
まだ充分に使える洗面台でしたが
2017年の台風で屋根から2階トイレに雨漏りして
その修理代が火災保険から出たので、洗面所もリフォームしたんです。

ぽいんとピンク右

火災保険の保険金は
何に使ってもいいそうなので(修理しなくてもいいとか)
雨漏りで被害を受けた屋根、屋根裏、2階トイレと洗面所をリフォーム

火災保険のお金は払ってますが
リフォームは実質無料できたので助かりました。
自然災害に対応する火災保険でほんと良かったと思いました。(*^-^*)

火災保険についての詳細記事はこちらで

洗面所 リフォーム前とリフォーム後

洗濯排水の場所を変更
防水トレイ⇒防水板にしました。
左写真:トレイの時は、排水は左側のラックの下にありましたが
右写真:防水板は洗濯機の下にあるのでほとんど見えなくなりました。
リフォーム前              リフォーム後

洗面台を変更・横と上に収納
リクシル(LIXIL) 
洗面台 VJFHT-755SY 三面鏡MVJ-753TX
収納 左側VJST-455 左上VJU-455C 中央上VJU-755C

洗面台の位置を変更
洗濯機の右横にあった洗面台は、向きを変えて右側の壁面にしました。
リフォーム前              リフォーム後

右側の壁面
洗面台の上部と横に棚をつけたことでかなりスッキリ(*^-^*)

上と横の収納BOX アッパーキャビネットとトールキャビネット注意点

この収納BOX、アッパーキャビネット(上BOX)とトールキャビネット(横BOX)は最高
シャンプーや洗剤の買い置きやタオル系の
全てがこの中に納まったのでめちゃスッキリです。

収納 左側VJST-455 左上VJU-455C 中央上VJU-755C

真っ白にしたのは、予算の関係で安かったので。
ほんとはウッド調の薄い茶色がよかったです。あ~あ(笑)

ぽいんとピンク右

この収納キャビネットを設置する際の注意点
電気の大きさです。
扉を開けた時に、電気にぶつからないか確認して下さい。
我が家はぶつかってしまったので、
電気を薄型のコンパクトな物に変更しました。

洗面所の壁紙 リフォームの場合の壁紙の選び方

リフォームの場合は
前のはがしたり傷などで、壁が凸凹しているので
厚めの壁紙にした方が良いそうです。(凸凹がわかりにくいので)
あと
一般的にカタログの色の方が濃くみえると思います。
カタログより実際は薄い色でした。

洗面所の床クッションフロア リフォームの場合のCF選び方

壁紙と同じく
リフォームの場合は
前のはがしたり傷などで、床面が凸凹しているので
厚めのクッションフロアにした方が良いそうです。(凸凹がわかりにくいので)
あと
一般的にカタログの色の方が濃くみえると思います。
カタログより実際は薄い色でした。

あー(/ω\)
予算の関係上
指定された中から選んだのですが….

↓このクッションフロアは大失敗
厚みがなく薄い!
凸凹丸見えだし
寒い冷たい、クッション感ゼロ あー(/ω\)

このクッションフロアは厚み1.8✕後悔

掃除しない感じも丸見えですが(笑)
1年でこんな古い感じになってしまった。。。

色も薄かったんです。
写真やカタログだと濃く見えるようですね。
現に私が撮った↓も濃くなってる。

クッションフロアについて

厚みは
基本的に一般用 1.8mmらしいですが
ペット用や店舗用 2.3mm、3.5mm等があり。

値段は
1.8㎜ 182㎝×1m 1000円程度
2.3㎜ 182㎝×1m 2000円程度
3.5㎜ 182㎝×1m 2500円程度

機能は
・消臭効果
・傷に強いタイプ
・遮音性タイプ等あり

一般的な家の場合
洗面所やトイレなど
クッションフロアを敷くスペースはそんな広くないと思うので
予算的にもさほど差が無いと思うんです。
だから、より良い物を選んだ方がいいと思います。

ぽいんとピンク右

今後また洗面所をリフォームするなら
壁紙もクッションフロアも
厚手の物で、
カタログの色は濃く見える(実際はカタログより薄い)という事を意識しながら好みの色を選ぼうと思います。

今回の洗面所リフォーム
後悔は、クッションフロアの厚さが薄かった事のみ(1.8㎜)
    2.3㎜か3.5㎜にすれば良かったな。
それ以外は全てやって良かったと思ってます。
リクシルMVシリーズも無難にいいし
収納のアッパーキャビネットとトールキャビネットに関しては最高

リクシル(LIXIL)の洗面台 VJFHT-755Sの水流(水圧)が弱い

リクシルVJFHT-755Sの水流が弱すぎてイライラ

2018年1月にリフォームした洗面台
リクシル(LIXIL) 

リクシル(LIXIL) VJFHT-755SY(洗面)

設置当初から水流が弱くて……
マックスにしてもこんな感じで緩やかすぎ
整流(普通の)             シャワー
 
水流が弱いから
頭を洗うとシャンプー落ちにくくイライラ
ちょっとした洗濯物を手洗いしても洗い流しにイライラ
蛇口の首が伸びて洗面台を洗えるけど毛や汚れがゆっくり流れイライラ

さすがに問合せしました。

リクシルVJFHT-755SY洗面台の水流が弱いと問合せ

2018年(止水栓)・・・・・・・・・・・
昨年一度問合せをした時
『洗面台キャビネットの止水栓を左側に回して下さい。』との事。

※止水栓は下部のキャビネットの奥にあります。
水量調整は止水栓を、左側に回すと多量、右側に回すと少量になります。
⇒左側にめいいっぱい回っていたのでこれ以上はムリとなり諦めてました。

2019年2月22日(流量)・・・・・・・・
でもやっぱり少ないのが気になっていま再度リクシルさんに電話をしてみました。

止水栓が左側になっている事を伝えたので
『あとは流量を確認してみましょう』との事
流量とは
1分間あたりどれくらいの水量が出てるか?

リクシル洗面台
VJFHT-755Sの流量は
圧力によって異なるけど
平均0.1~0.15MPa(圧力)として5ℓとの事。

FAXで送ってくれた参考資料

我が家の洗面台
VJFHT-755Sの流量を30秒で計ってみました。
2ℓのペットボトルです。

どちらもMAXに出した状態で
水だと1分間に3.5ℓ程度
湯だと1分間に2.5ℓ程度しか出ていない事がわかりました。
湯に関しては平均の半分程度しかでてない。(/ω\)

この流量を
リクシルとリフォーム会社にも伝えました。(2019年2月22日)
流量はその家の圧力によって多少の差はあるものの
1分間に2.5~3.5ℓの流量は少しかおかしいとの事
後日リフォーム会社の方から連絡をくれるとの事です。

※連絡が来たら追記していきます。
 2月25日リフォーム会社より連絡あり
 3月3日に来てくれることになりました。

追記 リフォーム会社の担当が来てくれました。2019.3.3

リフォーム会社の担当の方が来て
蛇口の中(黒いのを外して)を見たら、サビのゴミが詰まっていました。

サビのゴミは工事の時のものか
もともとの水道管の老朽化によるサビか?わからないとの事。

そのサビを取ったら
水流が普通になりました。シャワーをマックスにすれば水しぶきの輪もでる強さに(^^)
  
流量も計ってみたら、
お湯で5ℓ、水だと6ℓもありました。

これで洗髪も洗濯もストレスなく出来るようになります。(^^)

改めて比較してみます。
水流(水圧)が弱かった時        改善されたら
 

水流(水圧)が弱かった時        改善されたら
 

水の太さが全然違います。
弱かった時は、流量が2.5~3.5ℓ
改善されたら、流量は5.0~6.0ℓまでになったのですから。

直ったのは嬉しいのだけど
この1年間
水流の弱い状態でイライラしながら使ってきて
しかも詰まったサビを通しての水で、洗顔・歯磨きなどしてたわけで
ん~考えると怒りが……まっ(/ω\)

まとめ 水流が弱い…水圧が弱い時に確認したい事

ぽいんとピンク右

水流が弱い…水圧が弱いと思ったら

止水栓を左に回して
蛇口の口先の中にゴミがないか確認。

①止水栓 大抵下段の奥にあります。
     左側に回してください。
    (左に回すと水量増、右に回すと水量減)
②蛇口先 蛇口の口先を外します。
     外し方は色々なので取り扱い説明書を見て下さい。
     ゴミが詰まってると水量が弱くなります。

止水栓          蛇口の口先(黒いとこ外す)
 

・・・・・・・・・・・

自分の家の水量がほんとに少ないのか?
確認するには……

流量を調べて比較します。

流量は1分間にでる水の量
蛇口をマックスに開いて1分間にどれ位の量がでてるか計ります。
その製品の平均流量を調べ、自分の家のと比較します。

その製品の流量は
メーカーに電話で問い合わせるか
【製品番号 流量】で検索すると平均流量が載ってるページがあるかと